賢く名刺の単価を下げる、裏ワザ。

 
印刷は数量が多ければ多いほど、フツーに単価がどんどん落ちます。
これをうまく利用する、「台紙」について記事にしておこうと思います。

印刷は、1枚印刷しても100枚印刷しても、値段がそれほど変わらないのは、
印刷そのものもより「前後の手間が同じ」だから。

「前後の手間」とは
まず、紙。
指定の用紙を仕入れる→その紙を印刷機の大きさに合わせてカット→紙が絶対にずれないように印刷機にセット。
次に「データ」
完全な印刷用のデータを作成→そのデータを製版機に送る→製版された版を印刷機にセット。
ここではじめて印刷がはじまるわけで、
1枚だろうが1000枚だろうがこの行程がかわらないという事情があるのです。

そこで、名刺のように
決まった柄の部分(ロゴなど)だけを多めに印刷してストック(←これが台紙、通常10箱〜20箱)
必要に応じて1箱づつ、
名前などモノクロで安く印刷できる部分を都度印刷する(←これ名入れ印刷)という方法です。

例えば最終的に10箱印刷するとして計算すると

1箱(100枚)ごとに印刷
 100枚カラー印刷 3200円
 これを10回繰り返したら合計は32,000円

10箱(1000枚)台紙印刷しておく
 1000枚カラー印刷 6500円/1箱単価650円
 1箱(100枚)ごと名入れ印刷 1550円
合計2200円。
これを10回繰り返したら、合計22,000円。
その差はなんと10,000円!

数量が多いほど単価が落ちることもあ
これが20箱、30箱になるともっともっと差が出てきます。

同じ柄の名刺をお使いになる場合は、
費用のかかる部分を「台紙」で多く印刷して、
必要に応じて「名入れ印刷」すれば断然おトクです。
 
※表記価格は用紙スタンダード、消費税、送料、制作費などは含まれておりません。

Name Card 台紙(91×55/アート紙180kg/4C×0C)
Name Card 名入れ印刷(用紙・サイズ台紙/1×0)